Top > 経済 > 次世代車普及 20年最大50%に

次世代車普及 20年最大50%に

電気自動車やハイブリッド車などの次世代車について普及はこれからどうなっていくでしょうか。

経済産業省は12日、電気自動車やハイブリッド車などの普及策をまとめた「次世代自動車戦略2010」を発表しました。

現在、国内新車販売台数に占める次世代車の割合は10%に満たないが、10年後の2020年に20~50%、30年には50~70%まで引き上げる目標を設定。

この目標の達成に向け、購入補助やメーカーによる研究開発への助成など、財政支援の必要性を訴えています。

国内販売でこれだけの目標ですが、将来は電気自動車やハイブリッド車など次世代車が必須の時代が来るでしょうね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

次世代車普及 20年最大50%に

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://hanakuro.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/12

コメントする

経済

関連エントリー
JALグループ会社が賞与検討ユーロ急落、8年半ぶり安値柿の種好調 亀田製菓が最高益財相 国債発行「今年度以下に」キャノン 業績予想を上方修正節約疲れ? 巣ごもリッチ増加 JAL会長 追加再建策に否定的 消費マインド「持ち直し」に修正 ヤマダ攻勢で業界再編加速も米ゴールドマンが提訴に反論7地域で景気判断を上方修正 CHINTAIとエイブルが経営統合 次世代車普及 20年最大50%にJALのリストラ案が判明