Top > 経済 > JALのリストラ案が判明

JALのリストラ案が判明

会社更生手続き中の日本航空と同社を支援する企業再生支援機構が、経営再建に向けてまとめたリストラ案の全容がわかりました。

撤退する路線の対象を1月19日の会社更生法の申請時点で想定していた合計31路線から大幅に上積みし、10月以降に国内31、国際16の計47路線撤退へ 早期業績回復へ上積みという内容となっているそうです。

6月末に裁判所に提出する更生計画案に盛り込む方向で主力取引銀行と調整するということですが、路線撤退には地元自治体の強い反発が避けられそうにありません。

不採算の路線は、どんどん撤退するということでしょうが、不採算でも利用している人は多いでしょうから、反発は大きいでしょうね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

JALのリストラ案が判明

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://hanakuro.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/8

コメントする

経済

関連エントリー
JALグループ会社が賞与検討ユーロ急落、8年半ぶり安値柿の種好調 亀田製菓が最高益財相 国債発行「今年度以下に」キャノン 業績予想を上方修正節約疲れ? 巣ごもリッチ増加 JAL会長 追加再建策に否定的 消費マインド「持ち直し」に修正 ヤマダ攻勢で業界再編加速も米ゴールドマンが提訴に反論7地域で景気判断を上方修正 CHINTAIとエイブルが経営統合 次世代車普及 20年最大50%にJALのリストラ案が判明