Top > 政治 > 首相、普天間移設先に触れず

首相、普天間移設先に触れず

現在、核サミットということで、鳩山首相はアメリカに行っていますね。

訪米中の鳩山由紀夫首相は12日夜(日本時間13日午前)、核安全保障サミットの夕食会の席上、オバマ米大統領と約10分間、非公式会談を行いました。

首相は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について「5月末までに決着する」と訴えました。

ただ、首相は具体的な移設先は示さず、決着に向けた進展はなかったとのことです。

普天間基地移設先には触れずに、5月決着に協力してくれと言って、鳩山首相は、理解が得られたと手応え強調しているのですから、笑えますね。

どうするつもりなんだか、日米関係とともに不安いっぱいです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

首相、普天間移設先に触れず

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://hanakuro.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/14

コメントする

政治

関連エントリー
菅首相 在任中は靖国参拝せず東京都議会の性描写規制 都議会委で否決国家戦略相 事務所費問題でコミックやCDの支出も菅内閣・戦略相に事務所費問題浮上みんな渡辺氏、民主分裂狙う民主・石井選対委員長「現段階で48議席程度」普天間基地移設問題 結局「埋め立て方式」米に伝達平野博文官房長官 徳之島空港の拡張要請首相の「ぶら下がり取材」短く「最低でも県外」公約でないと鳩山首相イエメン 英大使車列狙い自爆 北朝鮮、金剛山の韓国側資産を没収 ポーランド大統領国葬 30か国が参列断念 鳩山首相「普天間なんて皆、知らなかった。メディアが動きすぎ」首相、普天間移設先に触れず中国「麻薬預かっただけ」で死刑?「普天間」で政府 ホワイトビーチ案断念 5月決着困難に