Top > 健康 > 子どものアトピーによい食事

子どものアトピーによい食事

子どものアトピーによい食事としては、次の三つがあげられるでしょう。



1.玄米(どちらかというと女性の方が好きですよね)

2.じゃがいも

3.茹で野菜



1の玄米(白米よりも栄養価が高いことで知られています)かと言って、玄米(どちらかというと女性の方が好きですよね)には、公害物質の吸収を防ぎ、それを排出する働きがあるのです。



公害物質は、アトピーを持っているこどもに取って、症状を悪化させるものですので、排出して症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を悪化させないようにしなければならないでしょう。



それには、玄米(どちらかというと女性の方が好きですよね)を主食にするのがオススメです。



特に発芽玄米(どちらかというと女性の方が好きですよね)は食べやすくて消化もいいので、普段の食事に取りこみみるといいでしょう。



2のじゃがいもは、ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)が豊富な野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。マドンナなども実践しているんだとか)ですので、もし、じゃがいもアレルギーがないのであれば、ひんぱんに食べさせてあげるといい野菜です。



ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)は加熱すると壊れてしまうこともあるんですけれど、じゃがいものビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)はあまり壊れないと呼ねれているのです。



それに、じゃがいもには解毒作用もあるため、いろんな料理に入れてあげましょう。



3のゆで野菜とは言え、温野菜は、ビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)やミネラル(人間にとって必要不可欠なのは十六種類です)、食物繊維(以前は消化されないので、栄養素ではなく役に立たないと考えられていたそうです)など、栄養が豊富です。



皮膚(実は常在菌がいるそうです。そう考えるとちょっと怖いかもしれません)細胞の代謝を促す効果もありますから、子どもが食べることができる野菜(新鮮な産地直送のものを買える直売所がブームになっているようです)を温野菜(茹で野菜や蒸し野菜が代表的でしょう)にしてあげてください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

子どものアトピーによい食事

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://hanakuro.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/445

コメントする

健康

関連エントリー
子どものアトピーによい食事お腹やせに良いツボ日々育毛