Top > 健康 > 対人恐怖症(その民族性から日本人

対人恐怖症(その民族性から日本人

対人恐怖症(その民族性から日本人に圧倒的に多いといわれています)とは、どういう病気なのでしょうか?



対人恐怖症(その民族性から日本人に圧倒的に多いといわれています)と言うものは、精神疾患(脳の機能的な障害や神経伝達物質の分泌畭常などが原因で起きることも少なくないようです)である神経症のひとつで、他人の前で異常な緊張状態に陥ってしまう症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)から、次第にその症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を恐れるあまりに人と接することに恐怖心を感じるようになってしまう病気です。



対人恐怖症(ひきこもりや統合失調症の発症、自殺にも繋がりかねません)は日本ならではの病気(先天的なものも少なくないでしょう)ともいわれるほど、海(地球温暖化の影響で、少しずつ砂浜が減ってきているそうです)外ではその症例が大変少なく、日本人(外国の方からみると、おかしいと思うことがよくあるみたいですね)に非常に多い病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)であると言った大きな特徴があるのです。



対人恐怖症(神経症の一種で、あがり症や赤面症、吃音症、多汗症などが代表的です)の原因は、その人によっても違ってくるものですが、過去に人前で何らかの失敗をしたり、恥をかいたことによるトラウマが多いです。



「また同じことを繰り返したらどうしよう」という恐怖心から、人の前に出るのみで異様な緊張状態に陥ってしまいますね。



人前で何かをする際に顔が赤くなってしまう赤面症や、緊張のあまりどもってしまう吃音症(近年では、「英国王のスピーチ」が吃音症をテーマにした映画として有名ですね)、緊張し過ぎて大量の汗をかいてしまう多汗症(1996年から健康保険が適用されるようになり、治療費の自己負担が減りました)なども、対人恐怖症(神経症の一種で、あがり症や赤面症、吃音症、多汗症などが代表的です)の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)の一つなのですね。



他人からみれば大したことではない場合も多いので、周りの方からは「考えすぎ」「自意識(失ってしまうと、時に生命の危険があります)過剰」などと思われて理解を得られないケースや、子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)なんだったらいじめに発展行う事もあるのです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

対人恐怖症(その民族性から日本人

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://hanakuro.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/449

コメントする

健康

関連エントリー
対人恐怖症(その民族性から日本人子どものアトピーによい食事お腹やせに良いツボ日々育毛