Top > 健康 > サロンの光脱毛と、医療レーザー脱毛

サロンの光脱毛と、医療レーザー脱毛

サロンの光脱毛と、医療レーザー脱毛(ほくろがある部分は脱毛が難しいでしょう)の違いは何なのでしょうか?



医療機関(医師や歯科医師が治療を行う施設のことをいいますね)で行うレーザー脱毛(一回の照射で完全に脱毛できるわけではありません)も、サロンで行っている光脱毛も、光を当てて脱毛するという点では同じです。



しかし、脱毛の為に当てる光その物に違いがあります。



医療機関(病院や歯科医院の他に、助産所、はり師やきゅう師などが施術を行う施術所、薬剤師が調剤を行っている薬局も含まれることがあるでしょう)で行われるレーザー脱毛(エステサロンでもできますが、医療機関で行う方がいいかもしれません)は、脱毛に適していてはされる周波の光をあてることで、効果的に脱毛を行うのです。



これは、ドクター免許を持つ皮膚科(最近では、にきびやシミ、シワの除去など、アンチエイジングに力を入れているクリニックも増えていますね)の医師(最近では、セカンドオピニオンを利用する人も増えてきているようです)の他には、施術することが許可されていない方法です。



つまり、「医療行為」として認定されているのです。



なぜなら、正しく施術しないと火傷などと言った危険がある為です。



ですので、お医者さんでなければ施術ができません。



これに対して、サロンで行っている光脱毛の光は、医療機関(病院や歯科医院の他に、助産所、はり師やきゅう師などが施術を行う施術所、薬剤師が調剤を行っている薬局も含まれることがあるでしょう)のレーザー脱毛(エステサロンや医療機関などで行っている他、家庭でできる器具も売られています)よりも危険が少ない弱い光が使用されているのです。



その為、医療脱毛のほうが脱毛効果が高いでしょう。



ただ、医療脱毛はサロン脱毛よりも価格が高かったり、光の威力が強い分、痛みを感じやすいと言う点もあって、あえてサロンの光脱毛を受ける方もいるようです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

サロンの光脱毛と、医療レーザー脱毛

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://hanakuro.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/457

コメントする

健康

関連エントリー
サロンの光脱毛と、医療レーザー脱毛対人恐怖症(その民族性から日本人子どものアトピーによい食事お腹やせに良いツボ日々育毛