Top > 経済

経済

経済一覧

JALグループ会社が賞与検討

日本航空の再建を進めていますが、ボーナス支給が問題になっています。 会社更生手続き中の日本航空で、2010年度のボーナスについて、一部のグループ会社が、今秋を見込む更生計画認可後に夏冬分の一括支給を検討していることが16日、明らかになりました。 日航本体は夏冬賞与をはじめ各種手当の支給見送りを決めて

JALグループ会社が賞与検討の続きを読む>

ユーロ急落、8年半ぶり安値

ギリシャの財政危機からのことが、どんどん悪化していきますね。 25日のロンドン外国為替市場では、欧州を震源とする信用不安が一段と拡大し、欧州単一通貨ユーロが主要通貨に対し急落、対円で一時、2001年11月末以来8年半ぶりとなる1ユーロ=108円台をつけました。 米欧の主要株式市場も軒並み大幅下落する

ユーロ急落、8年半ぶり安値の続きを読む>

柿の種好調 亀田製菓が最高益

亀田製菓の売上が好調のようですね。 亀田製菓(新潟市)は11日、2010年3月期連結決算を発表しましたが、売上高は前期比2・3%増の793億5300万円で6期連続で最高を更新、経常利益は同21・3%増の40億2100万円で、史上最高となりました。 税引き後利益は同9・1%増の21億円となり、不況の中

柿の種好調 亀田製菓が最高益の続きを読む>

財相 国債発行「今年度以下に」

今期の予算の国債発行額は過去最高の額となっていましたが、来年度はこれ以下にしたいとか。 菅直人副総理兼財務相は11日の閣議後の記者会見で、平成23年度の新規国債発行額について、「22年度の44兆3千億円を超えないで済むよう全力を挙げる必要がある」と述べ、国債発行の抑制に取り組む方針を明らかにしました

財相 国債発行「今年度以下に」の続きを読む>

キャノン 業績予想を上方修正

キャノンは業績が好調ですが、26日、2010年12月期連結業績(米国会計基準)予想を上方修正し、従来3300億円としていた営業利益の見込みを3600億円に引き上げました。 キャノンは、アジアでデジカメが好調ということです。

キャノン 業績予想を上方修正の続きを読む>

節約疲れ? 巣ごもリッチ増加

ここ最近は、デフレなどと言って安いものが増えていますが、そんな節約も疲れた人々が多くなっているみたいです。 巣ごもリッチとは、外ではお金を使わず自宅で豊かに暮らそうと考える人のことなのですが、それが急増しているとのこと。 たとえば、レストランで食事をするより、自宅で料理とワインを楽しむ方を選ぶなど、

節約疲れ? 巣ごもリッチ増加 の続きを読む>

JAL会長 追加再建策に否定的

JALは現在、経営再建中で、試行錯誤していますが、追加再建策について言及していました。 経営再建中の日本航空(JAL)の稲盛和夫会長は、就任後初のインタビューで、大口債権者や政府の圧力があるとしても、追加の人員削減や路線縮小には応じない方針を明らかにしました。 追加の人員削減や路線縮小の回避を模索す

JAL会長 追加再建策に否定的 の続きを読む>

消費マインド「持ち直し」に修正

内閣府が19日発表した3月消費動向調査によると、消費者態度指数(一般世帯・原数値)は、前月から1.1ポイント改善の40.9となり、3カ月連続で改善しました。 3月消費者態度指数は改善、基調判断を2カ月連続で上方修正となりました。 日本は内需拡大が重要ですから、消費マインドが改善されていけばいいですよ

消費マインド「持ち直し」に修正 の続きを読む>

ヤマダ攻勢で業界再編加速も

ヤマダ電機は、地方に都心にと最近凄い勢いですが、今後も色々と動きそうです。 家電量販店最大手のヤマダ電機は、16日に初出店した東京・新宿駅周辺に来年も新店を出す計画ということです。 以前は、ヤマダ電機は地方では強かったですが、都心に出していなくて、ヨドバシカメラやビックカメラが強かったですが、「郊外

ヤマダ攻勢で業界再編加速もの続きを読む>

米ゴールドマンが提訴に反論

米大手金融機関ゴールドマン・サックスは16日、米証券取引委員会(SEC)が、低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」関連の金融商品の販売を巡り同社を証券詐欺で提訴した問題で、「提訴(理由)は事実無根で、断固として争う」などと反論する声明を出しました。 サブプライム問題については、なかなか解決しませ

米ゴールドマンが提訴に反論の続きを読む>

7地域で景気判断を上方修正

最近、少しずつ景気が良くなってきていると実感してきていますが、それも間違いじゃないようです。 日銀は15日の支店長会議で、全国9地域の景気状況を分析した地域経済報告(さくらリポート)をまとめました。 全国9地域のうち四国と九州・沖縄を除く7地域で景気判断を上方修正ました。 前回1月調査の上方修正は4

7地域で景気判断を上方修正 の続きを読む>

CHINTAIとエイブルが経営統合

賃貸業界の大手が手を組むみたいですね。 賃貸住宅情報誌を発行するCHINTAIと、アパートやマンションの賃貸仲介大手のエイブルは12日、今年11月1日をめどに株式移転方式で共同持ち株会社を設立すると発表しました。 持ち株会社が両社株式を100%保有し、傘下に置くということで、両社の普通株式1株に割り

CHINTAIとエイブルが経営統合 の続きを読む>

次世代車普及 20年最大50%に

電気自動車やハイブリッド車などの次世代車について普及はこれからどうなっていくでしょうか。 経済産業省は12日、電気自動車やハイブリッド車などの普及策をまとめた「次世代自動車戦略2010」を発表しました。 現在、国内新車販売台数に占める次世代車の割合は10%に満たないが、10年後の2020年に20~5

次世代車普及 20年最大50%にの続きを読む>

JALのリストラ案が判明

会社更生手続き中の日本航空と同社を支援する企業再生支援機構が、経営再建に向けてまとめたリストラ案の全容がわかりました。 撤退する路線の対象を1月19日の会社更生法の申請時点で想定していた合計31路線から大幅に上積みし、10月以降に国内31、国際16の計47路線撤退へ 早期業績回復へ上積みという内容と

JALのリストラ案が判明の続きを読む>